水素水の口コミを美容ライターが徹底検証!

芸能人やアイドル、モデルが「今一番効果の高い美容術」として取り入れていて、口コミでも話題の水素水。
果たして美容への効果はどうなのでしょうか?
美容ライターとして集めた口コミから徹底検証したいと思います!

私のプロフィール

某美容専門学校を卒業後、エステティシャンとして10年間勤務。
退職後はその経験を活かし、美容ライターとしてメディアへの記事提供などをしている。
また「すっぴんでもキレイになる!」をモットーに、美容に関するアドバイスなども行っている。

ヤーマン株式会社 水素水スチーマー

ミライプラス株式会社 ポケット

株式会社伊藤園 高濃度水素水

水素水を料理に使う!効果はどんなものがある?

水素水を料理に使う!効果はどんなものがある?

水素水料理の効果

野菜の鮮度を長持ち

野菜を買ったら水素水で洗ってから冷蔵庫に保存するのがおすすめ。
葉物野菜はシナシナになりにくく、根菜は根が出にくいなど、買った時の鮮度を長持ちさせる働きがあります。
また、時間が経ってしなびてきた葉物野菜を水素水に浸すと、買った時のシャキシャキ感が復活するというクチコミもあります。

調理時間を短縮

水素水は食材に浸透しやすいため、煮物に使用すると出汁の味が浸みやすくなり、調理時間の短縮になります。
また、豆などを水に浸す場合にも、水素水は水道水の2倍ほどの早さで浸透。乾物を戻す時にも早く仕上がります。

古いお米や玄米をおいしく

古いお米で炊いたご飯はパサパサになりがちですが、水素水で炊くと新米のようなふっくらとした仕上がりになります。
また、玄米を水素水で炊くと甘みが増し、白米に近い食感に。玄米が苦手な人でも食べやすくなります。

飲みものをまろやかに

緑茶や紅茶、ウーロン茶などのお茶類に温めた水素水を使うと、茶葉から成分が出やすくなり、味がまろやかになります。
コーヒーの苦味を抑える効果もあります。

水素水料理の注意点

水素をたくさん摂取する効果は期待できない

水素水に含まれる水素はとても逃げやすいのが特徴です。
料理に入れることによって水素をより多く体内に取り込むことができるかというとそうではなく、逆に常温の水素水をそのまま飲んだほうがたくさん摂取できます。
料理に使うメリットは、身体に取り込む水素量よりも、上でお話ししたように、食材や料理にいい影響を与えることなのです。

温めると水素は逃げやすい

水素水は温めるとさらに水素が逃げやすくなることを覚えておきましょう。60~70度くらいまでにとどめ、沸騰させないようにすることが大切です。
とはいえ、水素がなくなってしまっても食材や身体に悪影響はなく、ただの水に還るだけなので心配はいりません。

できるだけ早く食べる

でき上がった料理の中にわずかに残っている水素も時間が経つとどんどん抜けていくため、なるべく早めに食べるのがおすすめです。
ただし、水素が食材に与えた効果は変わらないため、たとえ水素がなくなったとしてもおいしく食べられることに違いはありません。

食材への浸透しやすさで言えば効果あり

人の身体に浸透しやすい水素は、食材にも浸透しやすいことがわかりました。人が特別だというわけではなく、動物や植物も一緒なのかもしれませんね。特に野菜の鮮度を長持ちさせる効果からは、人の「酸化」=「老化」も遅らせてくれるのではないかと、効果を期待したくなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加