水素水の口コミを美容ライターが徹底検証!

芸能人やアイドル、モデルが「今一番効果の高い美容術」として取り入れていて、口コミでも話題の水素水。
果たして美容への効果はどうなのでしょうか?
美容ライターとして集めた口コミから徹底検証したいと思います!

私のプロフィール

某美容専門学校を卒業後、エステティシャンとして10年間勤務。
退職後はその経験を活かし、美容ライターとしてメディアへの記事提供などをしている。
また「すっぴんでもキレイになる!」をモットーに、美容に関するアドバイスなども行っている。

ヤーマン株式会社 水素水スチーマー

ミライプラス株式会社 ポケット

株式会社伊藤園 高濃度水素水

タイプ別水素水比較!一番効果がある水素水のタイプはどれ?

タイプ別水素水比較!一番効果がある水素水のタイプはどれ?

今、大ブームの水素水。たくさんのメーカーから、アルミパウチ、ペットボトル、スティック状、水素水生成器など、さまざまな商品が発売されています。果たして、どのタイプがもっとも効果があるのでしょうか?

水素はどんな状態で飲むのがベスト?

研究によると、水素水を飲用して体に効果をもたらすのは0.4ppm以上の濃度の場合。しかも、水素は不活性な物質なので、60%は息と一緒に吐き出され、すぐに体の外に出てしまいます。つまり、1.0ppm以上の濃度でなければ体の中で消費して効果を得ることはできないのです。

また、水素は体内にためておくことができないので、一度に大量に飲んでもムダになってしまいます。同じ量を一度に飲むより、数回に分けて飲んだ方が有効なのです。

どんなタイプが効果的?

ペットボトル

水素はペットボトルの素材よりも分子が小さいため、製造段階では水素が入っていても、時間とともに容器から抜け出してしまい、飲む時にはまったく水素が検出できないということもあります。

アルミパウチ・アルミボトル

アルミはもっとも水素が抜けにくい容器です。ある調査では、アルミパウチのほとんどの商品で、体に効果を発揮する1.0ppm前後の濃度が検出されました。でも、キャップを開けた瞬間から水素が急激に抜け始めるため、一気に飲まなければなりません。パウチの方が空気を抜いて保存できそうな気がしますが、開けてすぐに飲まなければ効果を得ることができないというのが事実です。

スティックタイプ

スティック状のプラスチック容器の中にマグネシウムが入っていて、水に入れると水素水ができるというもの。どんどん水素を発生させますが、常に空気中に出ていっている状態のため、作り置きはできません。作ったらすぐ飲むことが大切ですが、水素濃度が一定ではないのも不安材料です。

タイプ別水素水のメリットとデメリット

ペットボトル

ひと昔前まで、ドラッグストアをはじめとする身近なお店でよく売られていた、ペットボトル容器に入った水素水。外出先にも携帯しやすく、いつでも手軽に水素水を摂取できるのが魅力でしたが、現在ではかなり少なくなりました。それは、極めて小さい水素分子はペットボトルを通り抜けて出て行ってしまい、未開封であっても製造から時間が経過した商品は、ほぼ水素が抜けたただの水でしかないということが明らかになったためです。

アルミパウチ・アルミボトル

アルミ容器は水素が抜けにくいため、市販の水素水によく使用されています。グラスを用意することなく、容器のまま飲めるので、外出先に携帯しても便利です。ただし、アルミパウチやアルミボトルは容器自体にコストがかかるため、水素水の販売価格は1回分につき100~200円。これを1日に数回飲むとして、1カ月分を計算すると結構な金額になり、コスパを抑えたい方には不向きだといえるでしょう。まとめ買いでコストを抑えたいものですが、自宅で保管するにはスペースも必要になります。

スティックタイプ

水に入れておくだけで、簡単に水素水が作れるスティックタイプは何回か繰り返し使うことができ、代表的なものだとコストは1カ月あたりおよそ500円。置き場所を取らずに、自宅で新鮮な水素水が楽しめます。しかし、高濃度の水素を保つことが難しく、開けたてと使用期限前では水素濃度が極端に異なることも。スティックのメンテナンスも必要になり、保管方法によっては雑菌が繁殖する可能性もあるので、衛生面にも注意が必要です。

水素水生成器

本体を購入する初期費用が必要ですが、ランニングコストが低いため、継続的に水素水を飲みたい方には最もお得なタイプです。高濃度の水素水が自宅で簡単に作れ、ボトルタイプの水素水生成器なら持ち運びもできます。
中には粗悪品もあるため、1.0ppm以上の水素水が作れるかどうかを確認することが大切です。生成に多少時間はかかりますが、体への効果を考えれば、もっとも理想的なタイプだといえるでしょう。

おすすめの水素水生成器商品

シナジーグリー二ングウォーター

3分で最大1.2ppmの濃度の水素水を生成するグリー二ングウォーター。ボタンを押すだけの自動洗浄機能を搭載し、お手入れが簡単なのが魅力です。インテリア性が高いオシャレなデザイン。

ガウラウォーク

10色展開でカラーバリエーションが豊富なガウラウォークは、ポータブル充電器が付いたボトルタイプの水素水生成器です。3分で約1.0ppmの濃度の水素水を生成し、持ち運びが出来るため、外出先でも気軽に水素水を楽しめます。

ヤーマンのピュア水素水スチーマー

10分で最大1.8ppmの高濃度な水素水が生成でき、美肌作りをサポートするスチーマーも搭載。体の内側と外側から効率的なアプローチが行えます。シンプル&コンパクト設計なので、場所を取らずにいつでも水素水が楽しめる逸品です。

生成器がNo.1!水素水も鮮度が大事?

水素水選びには、水素の濃度と、その濃度を保てるかどうかがポイントになります。コンビニで買えるボトルやパウチでは、せっかく高いお金を出して水素水を購入する意味がありません。濃度を保てる生成器は、初期費用はかかっても長い目で見るとリーズナブルなので、その点でもおすすめです。最近はフェイスケアにも使える1台2役の機種も登場していますよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加