水素水の口コミを美容ライターが徹底検証!

芸能人やアイドル、モデルが「今一番効果の高い美容術」として取り入れていて、口コミでも話題の水素水。
果たして美容への効果はどうなのでしょうか?
美容ライターとして集めた口コミから徹底検証したいと思います!

私のプロフィール

某美容専門学校を卒業後、エステティシャンとして10年間勤務。
退職後はその経験を活かし、美容ライターとしてメディアへの記事提供などをしている。
また「すっぴんでもキレイになる!」をモットーに、美容に関するアドバイスなども行っている。

ヤーマン株式会社 水素水スチーマー

ミライプラス株式会社 ポケット

株式会社伊藤園 高濃度水素水

水素水の適温は?調査してみました!

水素水の適温は?調査してみました!

水素水は常温がベスト

水素水の中に水素が溶けていられる量は、温度の影響を受けやすいということをご存じでしょうか?常温の時の水素含有量を100%とすると、水温が80度になるまで温めた時には0%近くまで減ってしまいます。水素は熱さに弱いということを覚えておきましょう。また、逆に冷やした時にはどうかというと、アルミパウチなどの密閉容器に入っている場合、冷蔵庫で冷やしても冷凍庫で凍らせても、水素含有量に変化はありません。ただし、美容や健康、ダイエットを目的として水素水を飲んでいる方にとっては、体を冷やすことは逆効果になります。

つまり、温めると水素が抜けやすくなり、冷やすと体まで冷えてしまうため、水素水は常温で飲むのがベストだといえるでしょう。

どうしても温めたい、冷やしたい時には

温かい、冷たい水素水が飲みたい時に、なるべく水素のパワーを損なわない方法は次のようなものです。

効果的な温め方

冬の寒い日やお風呂上りで体を冷やしたくない時には水素水を温めたいものです。もっとも高い水素濃度が期待できるのは、温・冷機能を持った水素水サーバーの「温」を利用すること。その理由は、温かくても効果を得られる水温や濃度を確保していることが多いからです。また、アルミパウチを開封せずに、湯せんで温めることもできます。ただし、なるべくなら湯せんする時間は30秒程度、36~37度の人肌程度の温度にとどめておきましょう。このくらいの温度なら、水素が放出しすぎずに体の中に取り入れることができます。アルミパウチを電子レンジにかけるのは、故障や火災の原因になるので絶対にNGです。

効果的な冷やし方

体を冷やすことのないよう、夏にどうしても生ぬるい水素水が飲みにくい場合だけ、短い時間、アルミパウチを冷蔵庫に入れるようにしましょう。氷の入ったグラスに水素水を注ぐのは、やはり水素が逃げてしまうのでNGです。また、外出の時に凍らせた水素水のアルミパウチを持って行き、溶けてしばらく経ってから、20度くらいの温度で飲むようにすれば問題はありません。

まとめ

水素水は温めすぎると水素の効果がなくなってしまい、冷やしすぎると体によくないことがわかりました。水素水に限らず1日に必要な水の量は1.5リットルだといわれていますが、常温のままではこの量がなかなか飲めないという方もいるでしょう。その場合には、ご紹介したような温め方、冷やし方を試してみてください。常温から人肌程度の範囲内で、しっかりと効果を得られる状態の水素水を、毎日飲み続けたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加